スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YJK通信 2009/3/16

3/14はYJKレッスン日にしては珍しく、強風の雨。
そんな中でも21人のお友達とそのご家族の方が来て下さいました。
今回は404教室という初めての場所。
先生はいつも子どもたちがレッスンに参加しやすくなるような
やわらかい、明るく楽しい空気を導入部で作って下さいます。

「今週あったいいこと、悪いことはなんでしたか?」
あまり発表の声があがらない子どもたち。
「わすれちゃうんだも?ん」
「どうして、いいことと悪いことを忘れてしまうんだと思いますか?」
大きいことは覚えているものです。
でも、小さな出来事は忘れてしまう…。
「答えをいいますね、小さいことを忘れてしまうのは、
一回一回、神様に感謝しないから。」
いいことがあったら、神様に感謝すること、
いいことも悪いこともよく考えることが大事なんですよ、と。

大人の注意をきくというお話も。
先生は小さいころ、いくら怒られても赤信号で
横断歩道を渡っていて、大人が怒る意味がわからなったそう。
「だって、赤で渡ってもいつも大丈夫だもん、なんで怒るの!」
でもそうしているうちにとうとう交通事故に…!
だから、みんなももしかしたら、
今は、大人の言ってる意味がわからないかもしれないけど、
大人が注意することは一応、聞いておかないとね、と。

大切なことをみんなと考えてから
発声スタート。

♪あああああああああ?
「先生の方が長いよね?歌っているときにポケッと
しているとこ(とまっているところ)がないように。
歌をうたう時にはとても大切なことなんだよ」

♪AMEN
♪May the Lord got bless you real good

♪May the Lord got bless you real goodの
歌詞の説明も丁寧にしていただきました。
「神様のめぐみがありますように。
神様がみんなに恵みを与えてくれますように、という意味なんですよ」
「先生はみんなからバレンタインデーをもらったお返しに
今日はホワイトデーなのでプレゼントをもってきました。
でもあげませんっていったらどうする?」
「ずるいー」
「そうだよね、神様の恵みがみんなにありますよう、
みんなにあげてください、っていう歌だよ。
歌ってるときそういう思いをもって歌うんだ。
先生はそう思いながら歌うと勝手に顔が笑ってしまうよ」

みんないい笑顔で歌えたかな?

♪Can't nobody do me like Jesus
♪When the spirit of the Lord
♪I love you Lord

5月6日に横浜ゴスペルコミュニティコンサートに
参加できたらするかも、というお話もでました。
大人と同じ歌を練習することになりますが、
先生のご指導の元、
みんななら、きっと大丈夫でしょう♪


今後の予定
3/28(土) 9Fチャペル
4/4(土)  お休み
4/11(土) 9Fチャペル
4/18(土) 9Fチャペル
4/25(土) 9Fチャペル ・・・
となります。

因みに5月は
5/2・16・23・30プラス5/6(水・祝)にコンサートの予定。
土曜が5回ありますので、練習日を4回設けられればと思います。
コンサートの詳細は追ってお知らせします。

そろそろTシャツも用意しましょうか。。。?

スポンサーサイト

YJK通信 2009/3/11

3/7 とうとう、年度末の最後の月になりました。
今日の練習は参加者19人(見学者も1名)

今週も10時の時点では1人、2人・・・。
3月はお別れ行事などもあって、みんなの参加が少ないかのかな・・・?
と思いいつつ徐々に集まる中、
さあ、今週なにかいいことあったひとー。
の先生の問いかけに、みんななんだろうと考えていました。
だれかが、 「学校で怒られたことがなかったことーっ。」
「んん?それってほめられたって事とは違うの???」

そして、今日もたっぷりと発声練習をしたあと
♪Amen! (アーメンではなく、エーメンと発音するのですよ? と先生)
で賛美を始めました。

また、今日は新曲の練習をしました。
♪May the Lord God bless you real good

最初は歌詞の発音の練習をしました。
何度も何度も繰り返し練習をし、あっと言う間に覚えましたよ。
すごいっ!!
それから、手拍子をしながら拍取りの練習(裏打ちで)をしました。
リズムのスピードが速くなっても、
そのスピードで続ける なかなか難しいですね。

そして、途中で、2部に分かれるところを練習しました。
最初は男の子と女の子に分かれて、歌っているところへ、
追いかける様に歌う要領で、入るのだけれど
でも、これはなかなか難しかったので、みんなに番号を言ってもらい、
???番の人、???の人に分かれて練習。
それでも難しいので、お父さんやお母さんたちにも一緒に入ってもらいました。

歌詞の意味は、
♪神様の恵みを受けて、今朝目が覚めたのも神様のおかげ、
  一日がスタートをきれたのも神様のおかげ
  これからも神様をたたえよう!

目が覚めて、神様の恵みがなかったらどうなるかな?
という先生の質問に
「起きられないよー。」
「ずーっと寝ている。」
「んー死んじゃうよ。」
などなどそのような、
神様のめぐみ(神様がよくしてくださること)を「祝福」って言うのだけれど、
みんなが祝福ってどういう事か分かるには、
たとえば運動会で一等賞になりました。
みんなが喜んで良かったねー。
と言ってくれる。
このことはみんなから祝福を受けると言うことですよ。
神様からの祝福も、このように、神様が喜んでくださる事ですよ。と先生。

教会でも、礼拝が終わった後、牧師さんがみんなに神様の祝福が有りますように。
とお祈りしてくれますよ。

そして、面白かったのは、黒人の人たちの集まる教会の話。
このような歌をずーっとずーっとエンドレスで踊りながら賛美しているのだけど、
歌っている途中で、倒れてしまう人がいるのだよね。
そして、倒れたら、担がれて、出て行くのだけど、
静かに休んでいるとまた復活して踊りながら賛美しまくる。
先生のお話に、みなうけていました。

なかなかテンポのいい曲です。

その後 Make us one を賛美して 終わりました。


今週3/14(土)は、404教室です。
来週3/21(土)はお休み
再来週3/28(土)は、9Fチャペルです。

YJK通信 2009/3/3

2/28 2月最後の日の練習は参加者18人,

今日は練習時に避難訓練をする予定でしたが、10時の時点では3人・・・。
10時半から実施する予定で先生とは打ち合わせをしていましたので、
その時間までは準備体操と発声練習をみっちりしました。

音の音程をピアノに合わせて出すのは、
みんないつも上手にしていますが、お腹から発声をするときは…
咳ををゴホン、ゴホンするときにお腹に手をあてると、お腹が動く要領で、
お腹に手を当てて、動いているのを確認しながら
あっはっはっはっはっはっはっはっハー
(どっれっみっふぁっそっふぁっみっれっどー)
それから…声を小さく出してして、だんだん大きくして?小さくして
(クレッシェンド、デクレッシェンド)の練習

?だんだんみんなが集まってきました。

そして
♪Amen の練習を一通りした後、
横浜中央YMCAの舘長さんが登場。
11時15分頃まで避難訓練の練習をしました。
(詳細は後にまとめます)

それから、戻ってきた後は、先週練習した
♪Can't nobody, do me like Jesus
♪Down by the Riverside
を復習
この2曲はメロディも、歌詞も比較的覚えやすいですが、
今日はリズムを取る練習をしました。
アメリカでは、 北部は割と早いリズムで
          南部は遅く、(ドッシリと構えて歌う黒人の女性のイメージで)

歌うことが多いと国友先生が両方のバージョンを見本として、歌ってくださいました。

超スピードになっても、手拍子が裏拍で入るように、
でも手拍子を気にしていると、歌(歌詞)がおろそかになってしまう…
なかなか難しいですね。

その後、
♪Thank you Lord(ちょっと、久しぶりで歌詞を忘れてたかな?)
♪When the spirit of the Lord
の練習をしました。

避難訓練については、
今回は2階(火を使う調理場)から火災が発生したことを想定し、
中央YMCAの裏(駐車場)に続く階段から逃げ、避難経路を確認しました。

館長さんのお話では、

○避難経路の確認
 原則、練習時の教室に一番近い階段を使用する(エレベーターは使わない)が、
 燃えているそばの階段は使用しない→会館の外へ出たら、横浜公園まで移動する

○緊急避難時の心構え
 ・災害時の指示は、YMCAスタッフが出す
  YJKの中でも、YMCAスタッフの指示を受けて指示を出す人を決めておく
・避難誘導責任者の指示を待つ
 ※保護者、ボランティアスタッフは子供を集め、静かにさせておく。
※8,9階は8階スタッフが指示を出す
「押さない、かけない、あわてない(落ち着いて、身の安全を)、」
「しゃべらない(呼吸が乱れると、煙を吸う量が増える)」
「戻らない(忘れ物を取りに行ったりしない)」
「姿勢を低くする、ハンカチで口・鼻を覆う(煙は絶対に吸わない)」
「エレベーターを使用しない」
「電気・ガス」は地震・火事の時は止める
「カーテン」は地震・火事の時は開ける
「窓」は地震の時は開けるが、火事の時は閉める
(空気を入れる事で、火のまわりが進む)

○練習時における諸注意
・当日の出席者の把握をきちんとする
 →練習に来たら出席印を必ず付けること。
※ 避難後の点呼はその出席の印をもとに行う
※ 避難の際は、名簿、必要持ち出し用備品のみもって出る
・放送が入ることもあるため、練習時以外に必要以上に騒いだり外へ出て行かない
 →チャペルの外へ出るときは行き先を伝える(お手洗い、電話など)
と言うことを話されましたが、みんな静かに聞いていましたね。


プロフィール

横浜ジョイフルキッズ

Author:横浜ジョイフルキッズ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。